BASP21関連

BASP21 は、様々な通信処理(プロトコル)を簡易化してくれる便利なライブラリ。

BASP21は無償で、BASP21Proは有償(\98,000)。 普通に使う分(大量にファイル転送したりメール送ったりみたいなことをしない限り)にはBASP21(無償)の方で十分だと思われる。

BASP21(フリー)をC#で使う

BASP21Proは、C#用のアセンブリ(BASP21PROLib.dll)が用意されているので、 それをプロジェクト参照設定で追加すれば良いが、 BASP21にはそのようなファイルはない。

BASP21の場合は、インストールするとタイプライブラリ(tlb)が登録されるので、 それを参照設定(COM)から追加する。

namespace は BASP21Lib、クラスは Basp21Class, FTPClass, SocketClass? の3つ。 次のようにして使用する。

using BASP21Lib;

class Class1
{
   [STAThread]
   static void Main(string[] args)
   {
      // BASP21Class の生成。
      Basp21Class b21 = new Basp21Class();
      
      // FTPClass の生成。
      FTPClass ftp = new FTPClass();
      
      // SocketClass の生成。
      SocketClass s = new SocketClass();
      
      // TODO: いろいろ処理。
   }
}

C#(.NET)の場合、クラスライブラリも充実してきてるので、 わざわざBASP21を使う必要性も減ってきているけどね。


プログラム・開発系メモ


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-05-15 (土) 12:07:27 (3298d)