Virtual PC + Fedora Core 5 + Apache + Tomcat インストール

Virtual PC (VPC) 上に Web サーバをつくってみるテスト。

前提

Apache までのインストールは完了しているものとする。

JDK インストール

SunのダウンロードサイトからJDKを取得する。

現時点(2007/01/26 18:01)で最新は「JDK 5.0 Update 10」。

ダウンロードサイトに移動して、 「accept」にチェックしてから、該当ファイルをクリック。

  • jdk-1_5_0_10-linux-i586-rpm.bin
  • jdk-1_5_0_10-linux-i586.bin

どっちでも良い。

ダウンロードしたら、適当なディレクトリに保存。 ここでは、

/usr/local/src/

に保存したとする。

保存したディレクトリへ移動。

# cd /usr/local/src

ダウンロードしたファイルに実行権を付与。

# chmod +x jdk-1_5_0_10-linux-i586-rpm.bin

で、展開、インストール。

# ./jdk-1_5_0_10-linux-i586-rpm.bin

ライセンスの説明についてだーっと長い文面が表示されるので、 space キーや page-down キーなどでスクロールさせて、 同意するかい?と聞かれたら

Do you agree to the above license terms? [yes or no]
yes

と回答。

あとは勝手にインストールされる。次のディレクトリができていればOK。

/usr/java/jdk1.5.0_10

このディレクトリに /usr/java/jdk という名前でアクセスできるように、 シンボリックリンクを張っておく。

# ln -sfn /usr/java/jdk1.5.0_10 /usr/java/jdk

Tomcat インストール

Apache のダウンロードサイトから Tomcat を取得。

ダウンロードしたら、適当なディレクトリに保存。 ここでは、

/usr/local/src/

に保存したとする。

保存したディレクトリへ移動。

# cd /usr/local/src

ダウンロードしたファイルを展開。

# tar xzf apache-tomcat-5.5.20.tar.gz

次のディレクトリができればOK。

/usr/local/src/apache-tomcat-5.5.20

このディレクトリに /usr/local/tomcat という名前でアクセスできるように、 シンボリックリンクを張っておく。

# ln -sfn /usr/local/src/apache-tomcat-5.5.20 /usr/local/tomcat

リンクでなく物理指定でもいいんだけど、 リンクの方が、複数のバージョン間で切り替え、切り戻しが楽なので。

パスの設定

いわゆる「パスを通す」という作業をしておく。

/etc/profile

をテキストエディタで開く。

このファイルの最後に次の5行を追加。

export JAVA_HOME=/usr/java/jdk
export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin
export TOMCAT_HOME=/usr/local/tomcat
export CATALINA_HOME=/usr/local/tomcat
export CLASSPATH=.:$JAVA_HOME/jre/lib:$JAVA_HOME/lib:$JAVA_HOME/lib/tools.jar:$CATALINA_HOME/common/lib

この設定を反映させる。

# source /etc/profile

Tomcat ユーザを作成

Webでアクセスしてきた人がTomcatを実行できるように、 tomcat というユーザを追加する。

# useradd -d /var/empty/tomcat -s /sbin/nologin tomcat

Tomcat ディレクトリの所有者を tomcat に変更する。

# chown -R tomcat:tomcat /usr/local/src/apache-tomcat-5.5.20

Apache + Tomcat 起動

Apache が起動していなければ、最初に起動。

# /sbin/service httpd start

または、

# /etc/rc.d/init.d/httpd start

Tomcat の起動スクリプトをつくる。

/etc/rc.d/init.d/tomcat

というファイルをつくって、テキストエディタで開いて編集。

#!/bin/sh
#
# Startup script for Apache Tomcat 5.5
#
# chkconfig: 2345 85 15
# description: Apache Tomcat Java Servlets and JSP server
# processname: tomcat
# pidfile: /var/run/tomcat.pid
# config: /usr/local/tomcat/conf/server.xml

# Source function library.
. /etc/rc.d/init.d/functions

# Source networking configuration.
. /etc/sysconfig/network

TOMCAT_SCRIPT=$CATALINA_HOME/bin/catalina.sh
TOMCAT_USER=tomcat

[ -f $TOMCAT_SCRIPT ] || exit 0

# See how we were called.
case "$1" in
    'start')
        # Start daemons.
        if [ -f /var/lock/subsys/tomcat ] ; then
            echo "Tomcat already started!"
            exit 1
        fi
        echo -n "Starting Tomcat: "
        su -s /bin/bash - $TOMCAT_USER -c "$TOMCAT_SCRIPT start"
        RETVAL=$?
        echo
        [ $RETVAL = 0 ] && touch /var/lock/subsys/tomcat
        ;;
    'stop')
        # Stop daemons.
        if [ ! -f /var/lock/subsys/tomcat ] ; then
           echo "Tomcat already stopped!"
            exit 1
        fi
        echo -n "Shutting down Tomcat: "
        $TOMCAT_SCRIPT stop
        RETVAL=$?
        echo
        [ $RETVAL = 0 ] && rm -f /var/lock/subsys/tomcat
        ;;
    'status')
        status tomcat
        exit $?
        ;;
    'restart')
        $0 stop
        $0 start
        ;;
    *)
        echo "Usage: $TOMCAT_PROG {start|stop|status|restart}"
        exit 1
esac

exit 0

このスクリプトを実行できるように設定。

# chmod 755 /etc/rc.d/init.d/tomcat
# chkconfig --add tomcat

これを使って Tomcat 起動。

# /etc/rc.d/init.d/tomcat start

これで動くはず。

ちなみに、とめるには、

# /etc/rc.d/init.d/tomcat stop

再起動は、

# /etc/rc.d/init.d/tomcat restart

追記 (2007/01/26 19:01)

/etc/rc.d/init.d の中をよく見たら tomcat5 なるスクリプトが既にあった。 既にディストリビューションに入ってたのか。

つまり、

# /etc/rc.d/init.d/tomcat5 start

これでも起動する。もし最初からTomcatが入っていたとするなら、 これはそっちが起動するのかな。(後で確認しとこう。)

でもま、これで最新の Tomcat にできたってことで。うん。

参考サイト



プログラム・開発系メモ


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-05-15 (土) 12:07:52 (3383d)